さわやかな風に吹かれるって最高! 楽しいこと、心地良いと感じるものを求めていきたいと思います 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜の「極上の月夜ゲツヨル」は美輪さんの特集だったにもかかわらず、忘れていて途中からしか見られなかった。


悔しい・・・。


と思っていたが、インターネットの第2日本テレビに登録したら番組をほとんど丸々見ることができた。


ビバ!日テレ。


おかげで「ヨイトマケの唄」を歌う美輪さんをもう一度拝見した。


 


美輪さんが子供だったころ、授業参観にきたお母さんたちはそれぞれそれなりの格好をしてきたり、なかには着飾ってきていた人もいた。


そのなかに一人、汚い野良着みたいな格好で小さくなって部屋の片隅のほうに足が悪いらしきお母さんがいた。


「あのお母さんは誰のお母さんだろう?」と思っていると、クラスで一番デキが悪い子の母親であった。


休憩時間にその子がお母さんの所へ駆け寄っていくと、その子は鼻水を垂らしていたのだが母親はその鼻にいきなり吸い付き、ずずっと吸ってその鼻水をぺっと外に吐き捨てたという。


「うわっ、汚い!」と美輪さんは思ったそうだが、でも着飾った母親たちにはできないことで、その母親の強い愛がクラスじゅうにふわっ~と広がった気がしたそうな。


それ以来、その子がいじめられていると美輪さんが割って入り、かばっていた。


ある日、その子と一緒の下校途中、その母親がヨイトマケの仕事をしているところに出会った。


母親は自分の子に友達が出来たことがよほどうれしいのか、ヨイトマケの仕事をしながら何度もニコニコ笑いながらこちらの方を振り返ったという。


足が悪いから、その度によろけるため、周りから「この役立たず!」というような叱責を受けながら。。。。。


美輪さんのすごいところは、普通の子供なら感じ取れない母親の行為を愛として感じることができ、ヨイトマケの姿を見たことも神様が見せてくれたとおっしゃった。


そのことを後に唄にしたのが「ヨイトマケの唄」だそうだ。


色々なアーティストがカバーしているらしいけど(番組内ではマッキーが歌っていた)、やはり表現力というか伝わってくるものは美輪さんがいちばんじゃないかな・・・。

スポンサーサイト

【2007/01/16 23:32】 | スピリチュアル
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
極上の月夜極上の月夜(ごくじょうのゲツヨル)とは、日本テレビ放送網|日本テレビで2006年10月16日から毎週月曜日の22:00~22:54(日本標準時|JST)にて放送されている
2007/01/24(Wed) 08:15:08 |  kurumiの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。