さわやかな風に吹かれるって最高! 楽しいこと、心地良いと感じるものを求めていきたいと思います 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまった。

楽しみにしていた「あいのり最終回SP」見るの忘れた!

毎週月曜の夜11時になると見ていたあの番組が終わってしまうということで、最終回は絶対見逃すまいと思っていたのに。

グスン(泣)・・・・・

そしてWBC。

イトーヨーカドーはスポンサーであり、「感動をありがとう」ということで今日から始まったキャッシュバックセールは大忙し。

平日なのに祭日かと思うほど店内が混んでいた。

試合中は「この不況の時期に高い金だしてスポンサーになんかなってんじゃねぇ!!」と思っていたが、日本が優勝してくれたおかげで元は取れる勢いだ。

ウチの売り場は、今日だけで昨年比の3倍ほどの売り上げであった。

おそるべし、上層部の先見の明。

いつもは「ふざけるな!」と思うことが多いのだが・・・・。

キャッシュバックが終わると、下取りセールが始まる。

先は長い。  

先は見ずに、過ぎたことは忘れなければ頭がおかしくなりそう。

不況になると次から次へと、アレやれ!コレやれ!と大変だ~~。
スポンサーサイト

【2009/03/25 21:19】 | 思うこと
トラックバック(0) |
三人目は、○年か前に(忘れました)自分の不注意で7歳の息子を亡くしました。天国にいる息子が元気か、心配です。」という女性。

江原さん 「息子さん、あなたのところへ来てますよ。 もうじき命日?

この子が学校に行きたい、学校行きたいっていうんだよね。

何日も通ってないうちに亡くなったらしいから4月ごろ亡くなったの?」

すべてそのとおりだった。


「誰のせいでもないって言ってるよ~。

お母さんやおばあちゃんまでもみんなで『私のせいだ、私がかわりに死ねばよかったんだ』って自分を責めている。

それでそういうことがあった家ってみなそうなんだけど、楽しんじゃいけないって思うの。

外食なんかしちゃいけない、早く家に帰ってお供えしないと・・・とかね。

そうではなくて一緒に楽しめばいいんですよ。

○○ちゃん楽しいねって。」

ちなみに江原さんはそのお子さんがおやつを喉につまらせて亡くなったこと、そのおやつが今ニュースで話題のゼリーだったこと、子どもの名前まで正確に霊視しました。



四番目もこれまた女性。多分30代後半から40代くらい。内容は

「昨年8月に大腸ガンの手術をしました。今は肝臓に転移してます。がんばって生きていても時折心が折れそうになります。」

高校生と中学生のお子さんがいらっしゃるそうで、江原さんはお子さんたちにすべてのことをきちんと話すよう促していた。

あやふやにせずに。

「ただ正負の法則で、ご自分は大変だけれどもそのおかげでお子さんたちが急に頼もしく見えてきたでしょう?

それは私がやる!ってね。」

相談者は「そうですね」 とうなずいていた。

寿命についてはもちろん言及しなかったが、すぐにどうのこうのってことではないと思うと言っていた。

「あなたはもっと苦労した方はいい。」とも。

会場は「こんなに病気で苦労しているのに、もっと苦労しなくちゃいけないのか?」と言わんばかりにどよめいた。

しかしそれは江原さんの愛念からでた言葉で、

「娘を嫁にだす苦労や息子をいつまでも自分の恋人にしない苦労、そういう苦労をまだした方がいい。」

という生きる気力を引き出すものである。

きっと相談者はこのカウンセリングによってずいぶん心が救われたのではないだろうか・・・・。




充実した時間というものはすぐに過ぎてしまうものであっという間に終演へと。

江原さんは言霊を大切にするが、生で聞く言霊は本当に大切だなぁと実感。

本を読むことも大切だけど、実際にご本人に会えるのはもっと良い。

江原さん 松本に来てくださり、どうもありがとうございました。

【2009/03/21 11:46】 | スピリチュアル
トラックバック(0) |
昨夜は江原さんの公演「スピリチュアル・タイム」に行ってきた。

3年前のスピリチュアル・ヴォイスとは主旨が違うため、簡素な舞台の飾りつけであった。


まず一部は江原さんの話。

江原さんは、スピリチュアルな事をユーモアたっぷりに、わかりやすく話してくれる。

去年、今年のことや喜怒哀楽についての話、自分に思い当たり反省することが多々ある。

入場する際に特製の下敷きをもらったのだが、表は江原さんの写真、裏はおなじみ「八つの法則」。

その下敷きについても裏がもっとも大切だけど、表も皆さんのお役に立つと笑わせた。

一つ  笑える。

二つ  ダイエットの励みになる。「もう少しやせよう~。」

三つ  勇気がでる。「江原さんがこんな恥ずかしい格好できるんだから私だって何でもできる~。」

とね。


そして二部は公開カウンセリング。

公演が始まる前にあらかじめ用紙に相談事を記入して応募、集まった物の中からステージ上で無作為に江原さんが選び、答える。

一人目は、硫黄島でお祖父さんが戦死し、今度硫黄島までお参りしに行こうかと思うが何か気をつけることがありますかという女性。

江原さん曰く、お祖父さんはさっぱりした人で竹を割ったような性格だったはず。

お祖父さんはもちろんちゃんとあの世に行っている。

硫黄島に行くのもいいけど、それよりそのお祖父さんが言っている。

やりたいことがあったらうじうじ考えてないで、しっかりやった方がいい。

それで道は開けてくるし、親との関係も変わってくる。

あなたの方がパーンと上に行って、上から親とのことを見おろせる。(精神的に高いところから俯瞰できるということ)

それから話が戦死者のことになった。

江原さんは戦死した人からよくメッセージをもらうという。

みな今の日本を嘆いているというのだ。

「便利・便利な世の中だけれども怠惰で、家族や社会がみなすべてを人のせいにしあい、責任をなすりつけ合っている。

なんのために自分たちはなんのために死んだのか、無駄だった・・・・。」

戦死した人たちは「御国のため」と言っていたが、本当は家族のために戦争に出掛け死んでいった。

そして靖国神社の話に。

靖国神社といえば、毎年政治家たちが参拝する、しないで話題になる。

江原さんは靖国神社は参拝すべきだという。

謝罪という意味で。

なぜならみな「靖国神社で会いましょう。」と言って死んでいったから、そこに祀ってもらえると思っているし、また本当にたくさんの霊たちが集まるのだそうだ。

A級戦犯のことが問題なら、他のところに移せばいい。

神社庁はできないと言っているが、できるはず。

「あ~こういうこと言うから、グサッとさされるよね~。」なんて笑わせながら。


二人目は「今度足の手術をします。この前リストラになりました。」という45歳の女性。

その女性の前世はこの国の人だったが、自由奔放な性格で周りの人や家族を犠牲にしてでも好き勝手いろんな所にいったり、やったりしていた。

だから今世足が悪いのも意味があって、言葉は悪いけれど「足止め」ということ。

それと、リストラについては「自分でもそろそろ潮時だと思っていたんじゃない?」との問いに、女性もそう思っていたらしい。

でも後ろには御殿医さんがついているから、人の役に立ちたいという気持ちが強いはず。

だからこれからそういう仕事につくかはそういうことも含めて考えて・・みたいなことも。



                  
                           続きはまた・・・・

【2009/03/20 11:43】 | スピリチュアル
トラックバック(0) |
おっどろき~。

メイクアップアーティストの友達からいきなり「結婚した」と報告のメールがきた。

こいつだけは一生結婚せずに仕事に生きるだろうと思っていたコだけに・・・・。

だって去年までNYへ何年も行ってたりしたんだよ。



・・・・・・まさか外人さん?

どんな人なのか詳しく聞いてないけど。

楽しみなような、怖いような。。。。

とにかくおめでとう。

【2009/03/18 00:33】 | 雑記
トラックバック(0) |
私の部屋の横の物置に住んでいたねずみ。

両親が毒の入った餌を仕掛けておいても平気でそれを食べ、死ぬどころかますます元気よく、ご健在らしい。

昨日気になって私が物置をチェックした。

衣装ケースに入りきらない洋服は紙袋に入れて置いてあっただけなのだが、


ぬぉ~~~!!私の洋服にクソしてやがる~~~~!!


ねずこうめが!!

今日両親がもっと詳しくチェックすると、奥のほうはもう糞だらけで私の大事なものをかじったりしていた。

う~ん、ネズミはやはり害虫だ!!

ミッキーマウスなんて夢の国の話じゃ(泣)

仕方ないからミッキーマウスマーチでも口すざみながら捨てなくてはならない物を分別するか・・・・・。

【2009/03/14 22:14】 | 雑記
トラックバック(0) |
こちらの地方では「ひな祭り」は1ヶ月遅れの4月3日が本番である。

だから先週の金曜日、母親がひな人形を飾った。

その夜からある怪奇現象が・・・・。

夜中になるといきなり部屋の戸がガタガタッと音をたてる。

びっくりして耳を澄ますと、廊下をミシッミッシと誰かが歩いている音がするのだ。

2階で夜中。

階下で寝ている両親のはずがない。。。。。

実際に親に聞いても2階には来ていないという。

最初の頃、戸が鳴った時、なかったことにして無視して寝ようとしたら今度は部屋中がガタガタとものすごい音をたてた。

地震かと思うほどに。  

その後にあの足音が・・・・・。

体中がぞぞっときたよ。

ひな人形をだしたとたんにこういう現象がはじまったので、人形と関係あるのではないだろうか。。。とも思えるし、まったく関係ないかもしれないし。

母親に人形をしまうよう訴えたのだが、ブラックでファンキーな母は

「お雛様ようこそ いらっしゃいました!って言えば?」だって。

まったく!今夜は一階に出没してやれ!!

【2009/03/11 21:40】 | 思うこと
トラックバック(0) |
裁縫 苦手なんですよねぇ。

ミシンも持っていないし、いろんな事聞かれてもねぇ・・・・。

今 子供の新入学への準備で裁縫コーナーめちゃ込み。

やはり裁縫やらないような若いお母さんたちが色々質問してくるから困る・困る。

私 小学生のころは手芸クラブとかに入っていたのに、いつの間にか裁縫には一切興味が無くなってしまった。

ひどく不器用だから・・・というのもあるし。

ほんとはミシンの一台でもあれば便利なんだろうけど。。。。。

【2009/03/08 22:12】 | 雑記
トラックバック(0) |
2月28日(土)~6月14日(日)まで上野の西洋美術館で「ルーブル美術館展」をやるんだってさ。

大好きなヨハネス・フェルメールの作品も来る。

「レースを編む女」

人の作品を皮肉ってばかりいるダリもフェルメールを絶賛し、「レースを編む女」をリメイクしているほどだ。

さすが首都 東京。

毎年すばらしい美術展が開催される。

でもまた混むんだろうなあ・・・・。

【2009/03/05 21:01】 | 思うこと
トラックバック(0) |


根岸
今回は長いね
だったらいけるかもしれませんね。
で 来るんだったら連絡をくださいね。


花椿
確かに長いですね。
空いている日もありそうな・・・・。
でも4月以降は平日でも修学旅行生がたくさんいそうな。。。。
もし行けるようであればまたお声掛けしますね。



コメントを閉じる▲
2月はとても暖かかったのに、ここにきて寒い日々が続いている。

今、外は雪が降っているし。

さきほど4月に車検を予約したコバックから3月中にしてもらえないかと電話がきた。

そうしてもらえばティッシュをプレゼントするとかなんとか言って。

きっと3月が決算なのだろう。

ティッシュでは心が動かされない。

もっと安くしてくれるとか、ノーマルタイヤへのはき替えをサービスしてくれるとかなら考えたけど。

断ったら、せめてもう少し日程を早めて欲しそうだったのでそうした。

自家用車を2年に一度車検なんてやりすぎだよ。

業務用なら必要だと思うけど。

アメリカなんて車検が無いっていう話。

またお金が・・・  お金が飛んでいく・・・・・。

【2009/03/03 22:09】 | 思うこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。