さわやかな風に吹かれるって最高! 楽しいこと、心地良いと感じるものを求めていきたいと思います 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物を捨てるって大変だな・・・とつくづく思う。

部屋の中を片付けても片付けてもイマイチきれいにならないというか、いつも中途半端にちらかっているというか・・・・。

そんな感じに飽き飽きで、本当はホテルやモデルルームのようにあまり物が無い部屋でシンプルに暮らしたいのに。

掃除をする際、必要ないものを捨てるよう心がけているのだが、いざとなるとなかなか捨てられなくて困る。

捨てようと思うから捨てられないのであって、逆に部屋の中の物を一切合財 外にだし、その中から必要な物を拾うという掃除の仕方をすればどうなのだろうと考えてみる。

多分、所有している荷物の三分の一ぐらいに減ると思う。

今 生きていくのに必要な物はそれほど多くはないのだ。

それにしても最近身の回りをキレイにせねば・・・という思いがやけに湧いてくる。

引越しでもするようになるのだろうか?(現実にはそんな話はない)

それとも死期でもせまっているのか?

一番手を焼いているのが、ビデオ。

今まで撮り溜めたもののほとんどが何がどこに入っているのかわからないから、すべてチェックせねば。。。。

普段からだらしないから こうなるんだな。。。。。

今やDVDやブルーレイの時代なのに、これでいいのかいな。
スポンサーサイト

【2009/02/27 10:43】 | 思うこと
トラックバック(0) |
ドラマ「銭ゲバ」

怖いよね。 気持ち悪いよね。

でもなんか気になってみてしまう。

主人公の蒲郡風太郎(がまごおり ふうたろう) 金のために何人も殺す悪いやつ。

この人が言葉の最後に「ズラ」とつける。

「世の中金ズラ。」というように。

一体どこの出身という設定になっているのだろう。

静岡あたりかね?なんて思ってたら、なんと~長野県松本市出身なんだってさ。

え~、え~確かに松本はズラっていいますよ。

でももっといい主人公の出身地だったらいいのに。。。。

それに、人に何かを尋ねるときに「ずら」って言うけど、なんにでもつけるわけじゃないのさ。

若い人は使わないしね。

なんだよ~。

なんだか、これじゃ益々気になってまた来週も見てしまいそうだよ。

怖いんだから~、あのドラマ 本当に。

【2009/02/26 12:00】 | 雑記
トラックバック(0) |
ドラマやまんがなどで「食えないジジイだ!」というような言葉がでてくる。

食えないジジイってどんなジジイ?

どういう意味だろう?

というわけで辞書で調べてみた。


食えない・・・・扱いにくい 処理に困る


ふ~ん。

思い通りにいかない爺さんのことを食えないジジイというのか・・・・。


じゃあ「人を食ったような顔」ってどういうこと?


人を食う・・・人をばかにする


人をこばかにしたような顔ってことか。

あまりに気取っているとこう言われるんだな、きっと。

難しい・・・・。

【2009/02/24 20:50】 | 雑記
トラックバック(0) |
化粧品使い切れないほど持っているくせに、「シワ・たるみに効果アリ。」とか「美白効果」と聞くとつい新しい化粧品を欲しくなるのは女のサガなんでしょうねぇ。

アスカのドキドキセール。

こんなに安くなっているなら買わなきゃ損!!っていう気持ちになってしまう・・・。

売り切れているものほど良く見えてしまうし。

かと思いきや、一度売り切れになったものが翌日復活して再度販売されているというワケのわからない事態もあり、「な~んだ、欲しかったのに売り切れていたからもう他の物購入しちゃったじゃん。」ということも・・・。

でも一番美容に大事なのはなんといっても「睡眠」だと思う。

それと「健康」と「ストレスがない」こと。

睡眠不足の日は肌の状態が最悪。

肌にハリがないからシワは深いし、毛穴は目立つし、クマはひどくなるし。

少しでも自分なりにキレイにしていたいという気持ちがあるのとないのでは違うと思うし、これからもっと年齢を重ねると顕著に変わってくると思う。

小売業をしていて毎日いろんなお客さんを見る。

頭も白髪だらけでボサボサ、シワだらけの顔にさらに眉間にシワをよせて

「ちょっと~○○はどこ~?」(怒)

なんてふてぶてしい口調のオバサンは頭にくる。

若々しく小ぎれいにしていて

「ちょっとすいません。○○はどこにありますか?」

と節度のある聞き方をするお客さんにはこちらも丁寧に答える気になる。

なんか男性の気持ちもわかるような気がするのだ。

あんなふてぶてしい態度のオバタリアン(古いけど)より、若くてキレイでかわいらしい性格の女性のほうが良いって決まっている。



・・・というわけで未だ独身の私は日夜美容に励むのである。

【2009/02/20 16:48】 | 思うこと
トラックバック(0) |
なにもしなくてもいい

そこに苦しんでいる人がいることを知るだけでいいのです                       


                             マザー テレサ

【2009/02/18 22:32】 | 言葉
トラックバック(0) |
今月は棚卸しの月で、日にちを変えて各売り場で棚卸しを実行している。

1年のうち2月と8月の2回ある。

とてもめんどくさいと思うのだけど、でも棚卸しにむけて在庫置き場がきれいになり、すっきりする。

そう、やはり小売業には年2回棚卸しは必要かもしれない。

そして今日までの5日間、例の下取りセールが入っていた。

お客さんが持ってくる下取り品を見ていると人の価値観というものは様々だと思う。

ゲッ!という物も多いのだが、棚卸しと相まって、逆に「自分の身の回りはきれいにせねば・・・・」と感じた。

それにしても疲れた。。。。。

喉が腫れあがっている感じ。  

明日は振休。  ゆっくり休みながらしっかり部屋の整頓しよう。。。。

【2009/02/15 21:30】 | 思うこと
トラックバック(0) |
♪ウィスキーがお好きでしょ? もう少ししゃべりましょ。

このサントリーウィスキー角瓶のCMソングをゴスペラーズがカヴァーするんだって。

今、石川さゆりが歌っていて結構雰囲気があって好きなんだよね、あのCM。

もし自分が男だったら、小雪に「のど渇きません?」なんて色っぽく言われちゃったらクラクラするよ。なんていつも思いながら見ていた。

だから うれし~~~い!

着うたも配信されるけど、なんと私の携帯は対応してないからなんか俄然 機種変更する気になってきた!

誰がリードとるんだろう?  黒ポンか?

私はリーダーのてっちゃんならいいなと思う。

色っぽいところはやっぱりてっちゃんがいい。

「うつぼかずら」の ♪あの女よりも私の世界へ 落っこちて~

あそこを歌えるのはやっぱりてっちゃんだったから。  

超色っぽい。

2月14日からオンエアーされるって。

バレンタインじゃないの! 逆チョコもらった気分だわ。

【2009/02/12 16:52】 | ゴスペラーズ
トラックバック(0) |
いや~、売れない。

商品が売れないよ。

確かに不況かもしれないけどマスコミもあおりすぎだと思う。

こんなに毎日毎日テレビや新聞で不況だ不況だと大騒ぎするから、みんな「次はわが身」と思ってお金使わないもん。

日本人は本当はみんな銀行やタンスの中に持っているはず。

こんなことが1年以上続くのかしら?





   



       ・・・・・・・あると思います。


【2009/02/08 21:19】 | 思うこと
トラックバック(0) |
三島 由紀夫
「膝の上に上がるから頭を撫でてやったら、いい気になって肩まで登ってくるやつがいる。
それを放っておくと今度は頭まで登って、顔までなめ出すやつがいる。
おれはそういうやつが大嫌いなんだ。
君は、そういうところがなかったからね」

美輪明宏
「私もそういう人は大嫌いなんですよ。
私には、親子であろうと、兄弟であろうと、夫婦であろうと、他人であろうと、腹六分でつきあうべきだという 信念がありますからね。
腹六分でつきあっていれば、親しき仲にも礼儀ありで、見られたくないところは人に見せなくてすむし、また見なくてもすむ。
近親憎悪で大変なことになることもなくなる。
助けを呼ばれれば出て行けばいいんです。それが人間の一番基本的なつきあい方だと思いますよ」

【2009/02/05 22:26】 | 思うこと
トラックバック(0) |
スピリチュアリズムでは、子供が親を選んで生まれてくるという。

自分に必要なカリキュラムに添った両親を選ぶというのだ。

それを知ってからは「自分で選んだなら仕方ない。自分が悪い。」と自分に言い聞かせたこともあったが、どうにもこうにも我慢できなくなる時がある。

特に最近はしょっちゅう。

昔、江原さんのカウンセリングを受けたときに、

「あなたの(亡くなってる)お祖父さんが来てます。

それでね、この人があなたのお父さんの顔を私に見せて、どうかこの人(父)を許してやって欲しいって言うんです。

この人は小さい頃に外に出て両親と離れていたものだから、愛情表現が下手なんだと。

だから許してあげてほしいと謝っています。」

と言われた。

普段から自分の事を棚にあげて人を誹謗中傷する父親。

若い頃から趣味も持てず、友人もいない。

仕事をしていたころはまだしも、年をとって家にいるばかりだと家族の悪いことしか見えないのだろう。

家族の悪口を本人に聞こえがしに言ったり、無神経なことばかりする。

しかしあまり傲慢になりすぎると因果応報で、大病をして自分の健康のことにしか目がいかなくなり、おとなしくなる。

死ぬことがよほど怖いらしい。

世の中ちゃんとそういう仕組みになっているから、こっちは精神的に救われることがある。

次生まれ変わる時は、尊敬できる父親を絶対選ぼうと決めている。

私のリベンジだ。

【2009/02/02 15:33】 | 思うこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。