さわやかな風に吹かれるって最高! 楽しいこと、心地良いと感じるものを求めていきたいと思います 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は「イーストウイックの魔女たち」というミュージカルを観に行ってきた。

1年に1度くらいはちょっと奮発して、まつもと市民芸術館でお芝居をみるのが私の贅沢。

主演は陣内孝則、森久美子、涼風真世、マルシア。

物語はイーストウイックという町に住むシングル女性3人の前に、悪魔である陣内孝則が現れ恋に落ちる。
最初のうちは楽しかったが、そのうち悪魔の爆走に耐えかねて3人で退治してしまう。

一言でいえば「お色気コメディー」だ。

私が釘付けになったのは、マルシアさんのスタイルのよさとお色気。

途中見えそうで見えなくてドキドキした。

それにさすが3人とも歌がうまい。

陣内孝則さんはさすがに存在感あったし。

そしてこの4人に負けず劣らずみんなの目をひいたのが、モラル・貞節を声高に訴えるうるさいおばさん役の大浦みずきさん。

私はこの女優さん知らなかったけど、いつもキーキー叫ぶ芝居が上手だった。

森久美子さんは途中、「どうしたの?」というセリフを

「どうしただ?」

という長野方言に変え、会場の笑いをとった。

言った本人は恥ずかしそうにしていたが。

華やかでテンポがよくて楽しいミュージカルだった。


お芝居が終わって最後の最後に陣内さんが挨拶をしてくれた。

前の日も松本公演があったのだが、

<駅からまつもと市民芸術館までタクシーに乗ったら運転手さんから「この劇場を建てたのは松本前市長だがあまりに高額な建物だったために次の選挙で落選した。」
という話を聞きました。>

ローカルな話題に会場大爆笑と拍手。

そしてその話を前日の舞台の挨拶で話したらなんと前市長が観劇に来ていたとな。

その後、楽屋に前市長が挨拶にきて

「いや~、いい挨拶だったよ。」

と言われたんだって。

次の選挙では清き1票をお願いします!に、会場大爆笑。

この松本公演でめでたく1500回めの上演となったそうで、森光子の放浪記(こんな字だっけ?)についでのロングランということらしい。

舞台の袖から、めいっぱい大量の(たぶん)シュークリームが運ばれ、舞台上で食べていた。

生まれて初めて観たミュージカルはすばらしかった。
スポンサーサイト

【2008/05/29 15:25】 | 思うこと
トラックバック(0) |
「誰でもよかった。」

って後で犯人が言う事件が多すぎる。

恨みがあるならまだしも、誰でもよくて殺されたんじゃたまらない。

江東区の女性が行方不明になってるあの事件なに?

犯人のあの男は誰でもいいからレイプしようと思って挙句の果てには殺して骨まで砕いてトイレに流したって?

しかもいけシャーシャーとテレビに映り、しらばっくれてインタビューに答えてたし。

なんでそんなことができるの?

普段は感じのいい人だっていうからどうなっているのかと思う。

それからスケートのコーチが寝ている13歳の教え子をレイプした事件。

妻と間違えた?  そんな言い訳が通じるか!っつうの。

いい年こいて、やってはいけない事の区別のつかないのか・・・。


殺人までいかなくても性犯罪を犯した人間は再犯の可能性が非常に高いと聞いている。

私は性犯罪者の性器をちょん切るべきだと思っている。 

レイプは被害者の心を殺すことだ。

たとえ命を奪われなくても、きっと殺されたのと同じことだと思う。

生きていくのが辛いだろう。

犯人たちはそういう類の商売のお姉さんたちで我慢できないのか・・・・。

自分で自制できないなら、社会がしてやったほうがいい。


でもねぇ、これがまた人権だとかの問題になってくるんでしょ。

そんな人間たちに人権なんかいらないんじゃない?

甘やかしているから再犯するのよ。

せめてもっと刑期を重くしたほうがいい。


・・・・と女性である私は思うけど、男性からみるとレイプなんてたいした事件には感じないのかな?

政治家や法に関わる大部分が男性である限り、ムリなのか・・・・。

【2008/05/29 14:39】 | 思うこと
トラックバック(0) |
明日から待ちに待ったリフレッシュ休暇。

契約休も入れて1週間のお休み。

まあ正月休みもお盆休みもなく働いているのだからもらって当然だと思う。

毎日いい天気でありますように・・・。

【2008/05/26 23:05】 | 雑記
トラックバック(0) |


根岸
久しぶりの投稿です。元気ないようですが
現金ですかー!!ってくだらないものまねですが。
1週間 ゆっくり休んでくださいね。
ただ ぼーっとするのも良い
どこかに行くのも良い
なんにせよ 自分の好きなことを やったほうが良い
こっちに来るんだったら 声かけて
一緒に飲もうよ
久しぶりに 酒飲もうよ!!
連絡頂戴ね!!


根岸さん
花椿
はい、ありがとうございます!(^^)!

元気はあるんですよ。ただやる気がないっつうか。

同じことか!? ワハハッ。

肉体的にも精神的にもたっぷりリフレッシュさせていただきます。

東京にも行きたいなあ、遊びに。

行く機会があったらお声掛しますので、是非よろしくね。


根岸
訃報です。
江連元専務が26日永眠いたしました。
明日告別式です。


コメントを閉じる▲
20080516194245


あ~、このブログ死んでる。

いっそ閉鎖しようか迷って2ヶ月。

迷いつつ一応更新。


16日 金曜日はとうとう念願の「戸隠神社」へ行ってきた。

下道を通っていったので、約2時間半かかった。

私は宝光社や火之御子社から上がっていきたかったのだが、連れがそこはすっとばし、いきなり「中社」へ。

江原さん絶賛の「中社(ちゅうしゃ)」。

鈍感な私は何もご神気を感じられず、のんきに写真を撮って喜ぶ。

お参りを済ませたあと、おみくじをひいた。 300円。

自分の年齢を神主さん(?)に告げると、奥で祝詞をあげてからおみくじを持ってきてもらえる。

手渡されたおみくじは「第五十二番 天思兼命兆(あめおもひかねのみことのうらかた)」という何やら難しい内容。

書いてあることもかなり難しい。 戸隠神社独特のおみくじらしい。

しかししかし何度も読み返してみると、神様に尋ねたことの答えが具体的に載っているような・・・・。

時間が経たねばわからないことではあるけど・・・・・。

中社を出発してすぐのところにある「そばの実」という有名なそば屋さんで昼食。

店は綺麗だし、そばもかなりおいしい。

かなり気に入った戸隠そば。

そして奥社へ。

入り口に車を置き、奥社への道のりをひたすら歩く。

途中の杉並木は圧巻で歴史を感じさせるというか、パワーを感じるというか、さすが日本有数の霊山という感じ。

それにしても最後は辛かった。

奥社や九頭龍社(くずりゅうしゃ)でお参りを済ませ、今来た道のりを引き返す。

帰りはさすがに短く感じた。

そして隣接している森林植物園へ足をのばしてみる。

ちょうど水芭蕉が満開でキレイ。 甘い香りも結構するのね。

野鳥を観察する人もいて相当自然に癒された。

入り口に戻り「奥社の茶屋」でそばアイスを所望。

そんなにクセがなくて食べやすかったが、すっかり体は冷え切り、そのまますぐ近くにある戸隠民俗館・忍者からくり屋敷へ。

これがなかなかいい。 結構笑える。

特に忍者からくり屋敷。

ある部屋でものすごく気持ち悪くなったり、へぇ~!ほ~ぉ~!と感心したり。

迷路のようでなかなか出るのが難しかった。


もう少し夏になったらまたもう一度いきたいなぁ・・・・。

2度目は今回見えなかったものがもっと見えてくるかもしれないし、何か感じ取れるかもしれない。

そして思いがけず、この戸隠の神様がどうやら私を伊勢神宮へと導いてくれそうだ。

【2008/05/16 19:42】 | 徒然
トラックバック(0) |
気が付けば随分久しぶりの更新となってしまった。

その間、忙しかったような、ただボオッとしていただけのような・・・・。

5月か、いい季節だね。 新緑の季節。

楽しみだなぁ・・・・。


【2008/05/12 22:35】 | 雑記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。