さわやかな風に吹かれるって最高! 楽しいこと、心地良いと感じるものを求めていきたいと思います 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せは人生の意味・目的であり、人間の存在の目的そのものだ
            
           アリストテレス
スポンサーサイト

【2007/09/29 21:49】 | スピリチュアル
トラックバック(0) |


根岸
ういーす
幸せしてますかー
って
すみません!
生きていることが「今しあわせでーす」
って軽すぎるコメントで・・・・


花椿
>生きていることが「今しあわせでーす」

実はこれが大切なんです~。
そういう感謝の気持ちがまた良いことを引き寄せるんだなあ。
「引き寄せの法則」っていうらしいんですけど。
私も意識的にポジティブなことを考えるよう努力しています。




コメントを閉じる▲

20070924212317
上高地   明神池 一ノ池


 


21日金曜日に会社の同僚たち(金曜休みメンバー6人)で上高地へ遊びに行ってきた。


地元でありながら一度も行ったことがなかった私。


「一度は行った方がいいよ」と回りに勧められ、一念発起。


夏休みが終わり、紅葉が始める前の空いている季節を狙っていったら大正解。


天気にも恵まれ、気候もいいし、ゆったりできた。


普段田舎に住んでいながらもやはり上高地はすばらしい景色だった。


ただし歩いた、歩いた。


足腰弱い人は上高地は楽しめないだろう。


なにしろ河童橋から明神池まで(片道3km)は歩くしか交通手段がないのだから。


明神池は静かでまさに神様がいる感じがした。


上高地はもともと「神降地」という名に由来しているというし、明神池は実は穂高神社の神域なのだ。


上高地を訪れる人は是非明神池まで足を伸ばすことをオススメしたい。


あ~とてもいい気分転換になった。


百聞は一見にしかず。


今度は戸隠神社だな。。。。


【2007/09/24 21:23】 | 思うこと
トラックバック(0) |


根岸
カミコウチの由来が良いですね。
このごろ 先祖・神様(カトリックですが)
御墓参りに弱く(年取った証拠です)
良い響きですね
良いところに行きましたね。
うらやましい。
いい気をもらい
日々精進ですね 仕事以外でも・・



花椿
本当の登山家たちは明神池(みょうじんいけ)を越えて、涸沢(からさわ)カールとか穂高岳のほうへ行くようです。
とんでもない高さです。
機会があったら上高地に遊びに行ってみてください。
宿も結構あるようですよ。
でも混んでいる時期はそれこそ芋の子を洗う様らしいので空いている時期がオススメです。

コメントを閉じる▲

新しいマネージャーがやってきた。


一日じゃまだよくわからないが、普通って感じ。


前のマネージャーと天然社員君では性格と仕事が両極端だったが、今度のマネージャーは中庸であるといいなぁと私の希望である。


それにしてもこちらも気を遣うので今日は疲れた。。。。


今週の金曜日は会社の仲間で上高地に行く予定。


晴れますように。。。


 


 


 


【2007/09/17 19:25】 | 雑記
トラックバック(0) |
おととい火曜日で上司が店を去っていった。
渦中にいるときは苦しくて嫌で仕方なかったが過ぎてしまえばあっという間である。
きっと人生もそうなんだと思う。
この世を去ってからそう思うのだろう。

新しいマネージャーは来週四街道から来るらしい。
31歳。超若い。
かわいそうに。
初めてマネージャーになるそうだが、知らない土地へ来てしかもいきなりマネージャーじゃ大変だと思う。
新婚だからまっいいかっ。

あ~せっかく環境が変るのだから、私もなにか1つ2つ気分転換になることしたいなぁ・・・。
う~ん。

【2007/09/13 17:21】 | 思うこと
トラックバック(0) |

今月から休みが変り、念願の連休になった。


休みが変るとそれに慣れるまでが実は大変だったりする。


でもこの仕事に就くまではどの仕事もずっと連休で過ごしてきたので、変ってくれてよかった。


単休は一日雑用に追われて夕方くらいになり「明日はまた仕事か・・・」と休んだ気がしないのだ。


どこか遠出する気もしないし。


とりあえず当分ゆっくりしたい。


 


ところで上司の異動がわかった日、同じ売り場の人が「勝った。」とつぶやいていた。


上司と自分のどちらが先に会社を去るか・・・と根競べだったという意味だが、それは私も同じこと。


私の場合は、ここで逃げ出しても次にいった職場でも同じ学びが降ってくるだろうと思っていたから。


ここの前に働いていた職場でも感情をコントロールできず怒鳴りまくる上司がいた。


あまりのひどさに私が社長に訴えたことにより、その人はポジションをはずされプライドのバランスをくずしたのか会社を去っていった。


きっとそれだけじゃ私の学びが足りずにまた今の上司が現れたのだ。


だから逃げ出しても同じことだと理解していた。


私も勝ったのだ。 もうこの学びから卒業である。


 


同じくして私を悩ませていた売り場の50代の意地悪おばさん。


最近妙にやさしくいい人なのだ。


急にそうなったわけではなく時間をかけて段階を踏んでそうなってきた。


この人間関係も卒業ということなのかもしれない・・・・。


 


そして靴売り場のひねくれた女性。


8月下旬の東京出張のあたりに3日連続して私に電話をかけてよこしたが、私も精神的にも肉体的にも疲れがピークに達していたため3日間とも電話に出なかったことに腹をたて、ものすごい文句を言ってきた。


私ももう彼女とは関わりたくないと思っていたところへいつもいつも自分のことしか考えないその性格に頭にきて、ものすごく態度にあらわしてしまった。


それ以来彼女は会社では「ふん」という態度だし、メールも電話も来ない。


もうそれでよかったと思う。 ほっとしているし、すっきりした。


それでも恐怖はすべて消えるわけではなく、何事もなかったかのようにメールや電話がいつ来始めるかもしれない・・・と毎晩びくびくしているところがある。


恨まれても憎まれてもこれで終わってくれれば恩の字だが、またしつこくされたらきちんと伝えるつもり。


自分の意思を貫こう。


いくらスピリチュアルな物の見方や考え方をアドバイスしても聞く耳をもたない彼女だから、私の手には負えない。。。。


それもそういう形での卒業なのだ。  それもアリだと思う。


 


というわけで、ここへきてバタバタと人間関係の卒業ラッシュとなりそうだ。


1年7ヶ月よく耐えました。


少し休憩のあと、違う種類の学びがやってくるだろう。


たまには幸せな学びもお願いします。


【2007/09/07 12:52】 | 思うこと
トラックバック(0) |


根岸
お疲れさーん



花椿
どーもありがとうございます。
考えた結果、結局携帯のメアドを思い切って変えました。
たいして親しくもないうちからメアドや電話番号を聞いてくる人物は要注意ですね。
これから気をつけたいと思います。



コメントを閉じる▲

青天の霹靂!


直属の上司の異動が決まった。


ああ神よ! この世に神はいたのね。


この1年半、あの底意地の悪い男にどれだけいやな思いをさせられてきたことか・・・。


売り場の全員がもう~大喜びしている。


千葉の船橋店へ行くんだってさ。


船橋店の寝装インテリアのみなさん、驚かないでくださいね。


かわいそうに・・・。ご愁傷さまです。


当の本人は県外の店舗に異動になるのは初めてで、家族と離れ離れになるのがショックらしく、おとなしい。


今月の17日には向こうへ赴任するので、仕事で会うのはあと3,4日ほど。


過ぎてしまえば、あんなに苦しんだ日々もあっという間に思い出になってしまうんだろうなぁ・・・。


でも生まれ変わっても2度と会いたくないなぁ・・・・。


【2007/09/04 22:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。